C86お疲れ様でした

C86お疲れ様でした。
そして久しぶりの更新でごめんなさい。

更新頻度を上げようとblog化したのに、結局4ヶ月放置することに……。
コミケ前には告知の更新しようと思っていたのですが、更新を忘れていたことを思い出したのがコミケ会場という無様な結果に。
しかしながら刷ったのが少部数だった&pixiv/Twitter等で頻繁に告知したからか、新刊は無事に完売致しました。
ご購入頂いた皆様、どうもありがとうございました。

既に多くの方に再販・委託のご質問を頂いているので、何か決定し次第blogやpixivでアナウンスをさせて頂ければと思います。
一応、今のところDL販売が有力です。

そして、おそらく今回の本で漫画本は打ち止めです。
以降はゲームや小説を媒体にしていければと思います。
(忘れがちですがRepeatSeasonは一応同人ゲーム制作サークルとして立ち上げた集団なのです……)

C87については申し込みをしない予定です。
中々「これだ!」と思えるジャンルがない状態で「参加するために書く」ようなら、いっそ申し込まないほうがいいだろうという判断で。
(書きたい物は色々ありますが、それを書くための原動力が無い状態)
とはいえ何が起こるか分からないので、スイッチが入ったら何か書いて何らかの形で出すと思います。

あ、前回の記事で触れたジョジョは分割4クールだそうで。
相変わらず原作に忠実、というか原作に無い所の補完までやってくれているので非常に楽しく見ています。
早くヴァニラ戦やDIO戦が見たいなぁ。

そうそう、最近『フラテルニテ』をプレイしました。
折を見て感想をblogに纏められればと思っています。
久々に熱中できるエロゲーでした。

そんなこんなでのらりくらりとやっていこうと思いますので、よろしくお願いします。

ジョジョ第三部アニメ版の構成を予想してみた

いよいよジョジョ第三部アニメ版が始まったわけですが、ここに来てもまだ何クール何話で構成されているのか分からない状況なので、1話の尺感を基に2クール及び3クールで構成される場合のエピソード割り当てを自分なりに考えてみました。

続きを読む

C85新刊&既刊の委託販売を開始しました

あけましておめでとうございます。
C85、どうもお疲れ様でした。当日サークルに寄って下さった方はどうもありがとうございました。

今まで面倒臭かったので基本的に委託販売は行っていなかったのですが、今回の本から「とらのあな」で委託販売をすることになりました。
(流石にオンリー等もないマイナージャンルなので、購入出来る機会を増やす必要があるなと考えまして……)
その上一回手続きしてみたら案外楽だったので、ついでに既刊も一種委託販売することにしました。


MISERY
『MISERY』


(Am I)confusing you?
『(Am I)confusing you?』

上記の二点の予約が既に開始している模様です。よろしくお願い致します。
(画像クリックで作品ページに飛びます)
詳細な内容についてはこちらをご参照ください。
どちらも取り扱いは少部数のため、お求めの方はお早めに。

C86への参加に関しては現在検討中です。
出ようとは思っていますが、ジャンルをどうしたものか……。
詳細が決まり次第またこちらで連絡します。

今一番アツいアニメ、『プリティーリズム・レインボーライブ』5つの見所!

仕事してるフリをしながら妄想に励んでいたらクッタクタに疲れたので、半分寝ながら山手線のドアの上にあるモニターを眺めていたら、今週末に開かれるソチ五輪出場権をかけたフィギュアスケート大会のCMがやってまして。
五輪出場をかけた大会と言われれば、スポーツに大して興味が無い僕でもその重要さが理解出来るくらいなので暇なら見てみようかなぁと思ったのですが、その後すぐにプリズムジャンプは跳ばないことに気づいて視聴意欲は跡形もなく消え去りました。

と、いうわけで今回は今僕が最もハマっているアニメである『プリティーリズム・レインボーライブ』(以下プリリズRL)のお話をしたいと思います。
(※ネタバレを含みますので、今後見る予定が既にある方はご注意下さい)

続きを読む

C85参加情報

と、言うわけでコミケの参加情報です。
C85webサークルカット
12/31(火) 東ヨ-52b RepeatSeason
頒布物に関してはこちらに記載しております。
今回は『シュタゲ』ではなく『すば日々』の本になりました。いや、別にウチはシュタゲ専門サークルでもなんでもないんですが。

何故発売から結構経っている『すば日々』で本を出すのか……と聞かれると、ただ単に「最近やって面白かったから」だったりします。
マジいいゲームだったんスよ……。猛烈に「エロゲに夢中だったあの頃」を思い出させる出来でした。
まぁ、この辺の詳しい経緯は本のあとがきにアホほど長々と、胡散臭い賞賛の言葉と共に書き連ねているのでご参照ください。

次回以降のイベント参加予定は特に決めておりませんが、ずっと書きたいと思っていたシュタゲの鈴羽本の構想が3年越しくらいでまとまったので、夏コミ辺りで出せればいいなぁとかぼんやりと考えています。
「本来その時代にいないハズの人物が持つ悲哀」みたいな部分を綺麗に書きたいなぁと思っていたものの、プロットが上手くまとまらなかったので塩漬けにしてたんですが、ある日突然風呂に入っていたら閃いてしまったのでネタが腐らないウチに書いておきたい所。

シュタゲだと他にはカオスゲートノーツで出したペーパーに載せた、助手(あるいは、まゆしぃ)が愛しすぎて抱けないオカリンと、ブラウンが特別な存在すぎて抱いてと言えないもえいくさんの堕落SEX本なんかも。
もえいくさんの体つきのエロさを知らしめたい。

もしくはCC発売当時に散々「うだるちんが書いてない『WHITEALBUM』なんて『WHITEALBUM』じゃないやい!」とか言ってたクセにドハマりした『WHITEALBUM2』がいいなぁ、とも。
まぁこっちは作品の性質上来年の冬でもいいかなーとか思っていますが。
書くならやっぱり最も業が深いヒロインである千晶ですかねー。

変わり種なんかだと「ぼくのかんがえたジョジョ七部ラストバトル」とか。
これはプロットが既にかなりの細部まで完成しています。というか、もう半ば脚本レベル。
ジョジョ七部自体は歴代の中でもかなり好きな部類なのですが、やはりあの最終章は素晴らしいものではあれども、どこか煮え切らない感情を抱いてしまうのも確かで……。(八部のアレで大分持ち直せたのですが、それでも)
その辺を解消出来るような「少年誌に掲載されたままだったらこうなったんじゃね?」的な物語を一応考えてみたので、上の全てがポシャってもこれだけはなんとか形にしたい所です。

あとはオリジナルの小説とか、それこそこのサークルが最もやるべきことであるノベルゲーム制作なんかにも手を付けたいところではあるのですが、まあ夢は広がれども身は一つな訳で……。
取捨選択していく必要はどうしても出てくると思うので、その時次第ですね(区切りをつけずに生きてきたからこんな人生だったりするのですが)。

と、ここまで徒然と書きたいネタを書き連ねてみた訳ですが、今現在僕が最も熱中しているものは『プリティーリズム・レインボーライブ』だったりします。
この作品については二次創作意欲はあまりないのですが、本当に面白いので後日布教も兼ねて諸々まとめた記事をあげようと思っています。
プリズムヤクザの皆さんは乞うご期待。

検索
RSS

Return to page top