【改定】第一回なろうサバイバルレース・ルール説明

  • 2017-08-01 (火) 0:00
  • 企画

最終更新:2017/10/17
【更新内容の詳細はこちら】

気づいたら三年間ブログを放置していました。
その間にも『雫2オンリー』のレポートなどを下書き状態で保存していたのですが、気づけば何も投稿しないまま時が過ぎてこんなことに。

と、いうことで久しぶりの更新なわけですが、今回は知人とやることになった『なろう!』を使った勝負のルールまとめです。


[目次]概要/基本ルール/賞品と罰ゲーム/投稿ルール/第一回概要


概要

一言で言うと、定められたルールに則って『小説家になろう』で連載し、誰が一番人気を取れるかを競う身内の遊びです。

コンセプト

どうせなら本気で作家ごっこしようぜ!

この遊びに至るまでの経緯

「試しに『なろう』で連載してみたら面白かった」という記事を読んだ野良内科君が下記のようなツイートをしていたので、外堀を埋めて逃がさないために複数人で勝負をすることになりました。


基本ルール

勝者と敗者

総合評価1ptにつき1pt(ポイント)と換算。
最もポイントを稼いだ作品の筆者を勝者、最もポイントが少なかった作品の筆者を敗者とします。

この企画における「良い小説」は「ブックマーク数の多い小説」です。
どれだけ人類の核心に迫る崇高な内容でも、どれだけ数多の涙を流させる感動巨編であっても、ブックマーク数を稼げなければ負けです。

ターゲット層が求めるものを的確にお出ししてこそプロですし、「ターゲット層の反応」は結果として出てくる数字以外の何物でもない。
コンセプトである「本気の作家ごっこ」とはそういうことです。

ペナルティポイント

定められたルールを守らないとペナルティポイントが付与されます。
最終結果集計の際、ペナルティポイント1ポイントにつき総合評価ptを「3」を減算することとします。
(数値は暫定です。本番の経過次第で変更する可能性があります)

同着の場合

最上位もしくは最下位のポイント数が同じだった場合はペナルティポイントによる判定を行い、ペナルティポイントが少ない方を上位とします。
ペナルティポイントも同じだった場合は同着と見なし、賞品を得る権利・罰ゲームを受ける義務が発生します。


賞品と罰ゲーム

賞品

他の参加者全員から、優勝作品の二次創作小説を一作ずつ贈呈

罰ゲーム

最下位の人は企画終了から一ヶ月間、Twitterの名前を投稿作の名前にすることを罰とします。
また、企画の他の参加者は最下位の人を一ヶ月間その作品の名前で呼ぶこと。
もちろん、企画に参加していない読者がその名前で呼ぶのも大歓迎です。

ペナルティがないと途中で勝負を下りてしまって白けたりするので、罰ゲームを設定しました。
企画は参加者同士の信頼の上で成り立ちますが、例えば「描け麻雀」で負けても絵を描かない恥知らずはやっぱりいるのです。
さして経済的損失や労力を必要とせず、かつそれなりに罰ゲームとして成立しそうなラインとして設定しました。

また「作品名が自分の名前になるリスク」と「なろうでウケそうな名前を付けられるリターン」のバランスを考えて動く戦略性も生まれるかなと思っています。


投稿ルール

ここからは箇条書きにしていきます。

・開始日より前には投稿しないこと
開始日より前に投稿した作品は企画対象外とします。
連載期間が伸びることでブックマーク数も増えるのではないかと思われるためです。

・開始日23:59までに投稿すること
23:59の投稿はセーフ、翌日0:00はアウトです。
違反した場合はペナルティポイントが2ポイント付与されます。
なお開始日のみの特例として「作品は既に書いてあるものの外出や仕事などでどうしても載せられない場合」は事前に書いたモノを他の参加者に共有し、翌日以降更新することでペナルティポイントを免れることが出来ます。

・次のチェックポイントまでに最低一回は投稿すること
一定間隔でチェックポイントが設けられており、チェックポイント間で作品を一度も投稿しなかった場合はペナルティポイントが1ポイント付与されます。
逆に、チェックポイント内では何度投稿しても問題ありません。
投稿間隔もブクマを稼ぐための戦略です。
エタる(未完になる)と自動的にペナルティがガンガンついて負けます。

・最終日の23:59までにエピソードを完結させること。
こちらも23:59の投稿はセーフ、0:00はアウトです。
最終日にエピソードが完結していない場合、ペナルティポイントが3ポイント付与されます。
「エピソードの完結」の定義は「一つのお話・章として完結しているもの」、感覚的には「ラノベが一冊終わるような感覚」です。
新しいエピソードを始める場合は完結してないものと見なします。
最終チェックポイントよりも前のチェックポイントに至るまでに完結した場合、以後のペナルティポイントは付与されないものとします。
(その代わり完結・更新停止でブックマーク数の推移が停滞すると考えられるため)

・投稿する作品は、事前に設定した企画共通のテーマに沿ったものにすること
また、参加者は上記大テーマ以外に「伝説の剣」「ツンデレ」など、単語レベルの小テーマを1つ決めることが出来ます。
参加者は、他の全ての参加者が出した小テーマを本編に盛り込まなければいけません。
最終日までにお題が盛り込まれていない場合、取りこぼした小テーマ一つにつき、ペナルティポイントが3ポイント付与されます。

・投稿する作品のタイトル・文字数は自由
1つあたりの文字数を最適化するのも戦術です。

・投稿作品全体の文字数1,000文字あたり1ptを加算
「定期的に更新してる人は作家として量産できている」という観点から加点対象とします。

・投稿する作品は複数あってもよい
ブックマーク数が多い作品をその人の得点とします。
ただし、チェックポイント間で投稿されなかった作品が一作以上ある場合、一作につきペナルティポイントが1付与されます。

・商業化の話が来たらその時点で最上位になり勝利確定
四ヶ月では到底無理なので、あくまでネタルールです。

・開始後、実情に合わせて協議の上、過半数の賛成を得られればルール変更は可能とする
独裁企画にするつもりはないので、実情に合わせてルールを変更していければと考えています。


第一回概要

企画開始日

8/13(日)

企画最終日

12/31(日)

チェックポイント

隔週日曜日

テーマ

異世界転生
「なろうといえば異世界転生」という偏見で設定されたテーマです。
各々、普段絶対書かないであろうジャンルを書く機会にする、という目的もあります。
小テーマについては下記参加者紹介で各々が提示したテーマと共に記載します。

参加者と小テーマ

イカれたメンバーを紹介するぜ!

野良内科

提示した小テーマ:夢

シャーク

提示した小テーマ:たまご

灰の字

提示した小テーマ:コイン

碓氷つむじ

提示した小テーマ:ヒロイン(ブス)

その他

自分達は本来の『なろう』ユーザーではないので、場所をお借りする以上は全身全霊で読者を楽しませるという姿勢で臨みます。
本来の『なろう』ユーザーの方でこの企画を不快に思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、どうかお目こぼしいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

おまけ

8/1 00:00現在、碓氷の原稿は白紙です。
臨時ニュースを入れないように頑張ります。


コメント:0

コメント記入欄
記入した情報を記録する

トラックバック:0

Trackback URL for this entry
http://www.repeatseason.com/archives/335/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【改定】第一回なろうサバイバルレース・ルール説明 from RepeatSeason

Home > 企画 > 【改定】第一回なろうサバイバルレース・ルール説明

検索
RSS

Return to page top